働く母。両立メモ

40代書籍編集者・ワーママ歴11年。子供は小5男子・小2女子。両立生活や仕事、学校、ママ友関係など、日々の気づきを綴ります。FP2級、家計管理の工夫についても。


応援していただけると嬉しいです★
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村

究極の時短調理器具は「魚焼きグリル」ではないか…

こんにちは。

 

以前にも書きましたが、

平日の夕食は基本的に、週末つくりおきで

まかなっています。

 

料理が苦手・手際が悪いので、

さっさと一皿…なんて到底ムリ。

 

それに、疲れて帰ってくる平日の夜、

料理は可能なかぎりしたくない…

寝かしつけまでの体力気力を温存しておきたいのです。

 

ということで、副菜はほぼ作り置きなんですが、

メインの肉や魚は、塩麹などに漬けて、下準備するのみ。

先に火を通してしまうと、どうしてもパサパサになるので、

当日できたてを出すようにしています。

 

調理としては、火を通すだけ。

それでもフライパンを使いたくない…^^;

油が飛んでコンロ周りが汚れるし、

フライパンを洗うのも面倒。

(テフロンではなくチタンなので、けっこう焦げつくのです)

 

油のついたフライパンを洗えば、

当然シンクも汚れるし。。

 

それに、フライパンって火加減が難しい。

表面だけ焼けて中は半生…ということがありますよね。

 

そこで考えたのは、魚焼きグリルを使うこと。

 

その昔、家事に詳しい知人に、

「トースターがなくても、グリルがあれば食パンは焼ける」

と教えてもらったことがあり。

試しにやってみて、カリッと焼けること、

またすごく短い時間(3分くらい)で焼けることに

感動したものです。

 

それ以来、魚焼きグリルの可能性(?)には

気づいていたのですが。

 

最初はホイル焼きなど、定番もので使っていました。

そのうち、肉を焼いてみたら、すごくおいしい!

まさにローストチキン。

表面はカリッとして、中はジューシー。

 

f:id:usacomam:20190223225646j:plain

 

焼くときは、アルミホイルを敷いています。

そうすれば、グリルの網部分に焦げつくことなく、

下の受け皿も汚れない。

後片付けはアルミホイルを捨てるだけ!

 

数年前に今の部屋に引っ越してきたのですが、

その際ガスコンロを交換することになり、

片面焼きにするか両面焼きにするか悩みました。

 

ちょっと高かったのですが、両面焼きの方を選び、

これが大正解。

上下両方から火をあてるので、途中で裏返す必要がないのです。

もちろん時間も短縮。

 

とはいえ肉を焼くのは、実はフライパンより

時間がかかるのです^^;中まで火を通すのに。

でも、じっくり火を通すゆえ、張り付いている必要がない。

他のことをしていられます。

ちょっと焦げてしまうこともありますが(汗)ご愛嬌で…

 

最近は、炒めではない肉や魚は、

もっぱらグリルで焼いています。だって楽なんだもの…

逆に、グリルで焼けるように、炒めものは避けて

肉や魚の下準備をしているくらい。

 

その他、グリルでもちろんパンも焼くし、

クッキーも焼きます。

オーブンとトースター代わり、ですね。

 

奥の深い、魚焼きグリル。

まだまだ使いこなせてはいません。

どんなものが焼けるか、研究しようと思っています。


応援していただけると嬉しいです★
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村