働く母。両立メモ

40代書籍編集者・ワーママ歴10年。子供は小5男子・小2女子。両立生活や仕事、学校、ママ友関係など、日々の気づきを綴ります。FP2級、家計管理の工夫についても。


応援していただけると嬉しいです★
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村

やっちまった!関西出張、スーツケースだけ博多へ~すっとぼけて棚においたまま新幹線を降りてしまった…

人生で5本の指に入る大失態をしました…

 

関西に2泊3日で出張に来ています。

とあるお宅の写真を撮るためですが…

 

すっとぼけて、スーツケースを置いたまま、

新幹線を降りてしまったのです(*_*)

 

気づいたのは、ホームの階段を降りている時。

「あれ、なんか私、身軽だな」と。

馬鹿じゃないだろうか…^^;

 

「わっ、スーツケース忘れた!!」と、

慌てて階段を駆け上り、

今まさに発車しようとしている新幹線の

車掌さんに声をかけると、

「列車は止められないので、それは駅の

遺失物窓口に言ってください」と、

けんもほろろにあしらわれてしまった…

 

そして新幹線は私の荷物を載せ、

遠く博多へ旅立ってしまった。。

 

…と、ぼんやりしてはいられない。

大急ぎで改札の駅員さんに事情を説明すると、

「遺失物窓口はあちらです」と、

ずっと先の方を指さされた…

 

やっとたどり着いた窓口では、なんと

「新幹線にお忘れの荷物は、途中の駅で

下ろすことはできません」

「終点での取り卸しとなります」

と貼り紙がしてあるじゃないですか…

 

降りたのは新大阪。

「次の新神戸で降ろしてもらえませんか!?」

と懇願するも、

「そういうふうに言う方多いんですよね。

でも残念ながらできないのです」

 

…つまり、博多まで取りに行かないといけない。

当然、往復の新幹線代がかかる。

時間も往復4時間半ほど。

さすがに行けないでしょう…

 

結局、返送してもらうことになりました。

翌日の便にはもう間に合わないということで、

東京の自宅への返送。

 

・・・・

ほとんど着の身着のままの状態で

来たようなものですね^^;

1泊ならまだしも、2泊なので

衣類の着替えやら化粧品やら、ナシというわけにもいかない。

夜、買い出しに出かけました。

 

何も持たずに旅先にきたら、

いったいどれだけ現地調達しないといけないでしょう?

 

f:id:usacomam:20190914010310j:plain

 

まず、明日着る洋服と下着。

明後日分は、そもそも今日来てきた服を

洗って使う予定だったので、必要なし。

 

パジャマ代わりの服。

(ホテルの浴衣は苦手なので)

 

化粧品一式。

メイク落とし、洗顔料、化粧水、乳液、美容液、UV下地。

朝用のパックもほしい。

(40代ともなると、お肌に必要なものがたくさんあるのです^^;)

化粧水等は、5日間のお試しセットというのを見つけ、

全部で1000円で調達できました。

 

幸い、メイクポーチは手荷物で持っていたので、

メイク道具は買わずに済みました。 

 

 

髪の毛をセットするムース、

スプレーも必須。

(くせ毛でパーマをかけており、

何もつけないととんでもない髪になる^^;)

 

さらに絶対欠かせないのが、

充電用のアダプター。

スマホとWi-Fiが使えなくなったら、

何もできない…

 

ノートパソコンも持ってきており、

そちらのアダプターを探したが、

特殊な差込口だそうで入手できなかった…

まあ仕方ない。

 

・・・・

帰ってからも使えそうなものを探して、

無印良品、ユニクロ、ヤマダ電機、ドラッグストアを

行脚しました…

 

出張先が都会で良かった。

山の中とかだったら、文字通り着の身着のままで

過ごす羽目になってたかも…

 

さて、このお買い物で使った金額は…

約1万2千円でした。

うーん、けっこうな出費だなあ(*_*)

さらに、博多からのスーツケースの返送代もあるから、

1万5千円は越してしまいそう…(涙)

 

それでも博多へ取りに行くよりは安い。

関西から新幹線往復で3万円近くかかる。

往復の時間もかけずに済んだし、

買い物のおかげで街を観光できたわ…

と、ポジティブに考えることにします。

 

・・・・

それにしても、信じられないミス。

どんだけぼんやりしてたんだろう…

 

そういえば先週、

脱毛サロンの予約をすっかり忘れて、

すっぽかしてしまった…

 

最近、ちょっと仕事が忙しく、

精神的にも余裕がない状態だったので、

注意力散漫になっているよう。

 

事故にでもあわないよう、気をつけなければ…


応援していただけると嬉しいです★
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村