働く母。両立メモ

40代書籍編集者・ワーママ歴10年。子供は小5男子・小2女子。両立生活や仕事、学校、ママ友関係など、日々の気づきを綴ります。FP2級、家計管理の工夫についても。


応援していただけると嬉しいです★
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村

江の島ゲストハウスで、気軽に子連れ小旅行:1泊4人で1万5400円、二段ベッドに小学生大興奮

先の連休は家族で江の島に一泊してきました。

 

本当はもう少し遠出をしたかったのですが…

子どもが2人とも小学生になり、

なにせ旅費がかかる(^_^;)

夏の台湾旅行でお金を使っており、

しばらく大移動は避けたいところで。

 

www.hatarakuhahamica.com

www.hatarakuhahamica.com

 

神奈川県藤沢市の江の島は、

都内北部の我が家からは電車で2時間ほど。

日帰りでいける場所に、あえて泊まるというのも

けっこう楽しいものです。

(たまに家族で都内のホテルに泊まることも)

 

車で行っても同じくらいの時間ですが、

電車で行く方が旅気分を味わえるかと。

奮発して、東海道線のグリーン車に乗りました。

(あとから聞いたら、娘はグリーン車に

乗ったのが一番の思い出だったよう^^;)

 

・・・・

さて、泊まったのはこちらのゲストハウス。

http://izaiza.jp/enoshima/

(IZA江ノ島ゲストハウス)

 

ゲストハウスとは、ユースホステルや

サービスなしの民宿みたいなもの、

になるでしょうか。

完全に「泊まる」ためだけの施設で、

食事は基本的に出ません。

 

でも、シャワールームやトイレ、洗面所などは

他の客と共用ですがちゃんとあって、

泊まるには全く困りません。

ゆっくりホテルステイ…というのは叶いませんが、

観光で外に出て、ほとんど宿にはいない

という場合には、大いに選択肢に入るかと。

 

ゲストハウスに泊まるのは初めて。

鎌倉や江ノ島方面には、近年おしゃれな

ゲストハウスが続々できており、

若い女性客や家族連れにも人気と聞いていました。

一度泊まってみたいと思っていたところ。

 

宿泊の最大の理由は、

なんと言っても金額が安いこと!

こちらの4人用個室は、1部屋1万5400円。

通常のホテルや旅館で、素泊まりでもこの安値は

なかなかない。

 

・・・・

そして、もうひとつのポイントは、

二段ベッドなこと。

 

以前、区の保養施設に泊まったとき、

二段ベッドの部屋だったことがあります。

林間学校などにも使われる施設で、

なるほど二段ベッドなら狭い部屋でも

有効に使える。

 

そして、普段は布団で寝ていて、

二段ベッドに憧れる子供たちが、

非常に楽しんだのでした。

 

はしごで上に上がり、

上のベッド同士で枕投げをしたり。

ちょっとした隠れ家感がたまらないようです。

 

今回も、こんな感じの二段ベッド。

 

f:id:usacomam:20191106005840j:plain

 

ベッドそれぞれにカーテンがついていて、

読書灯とコンセントも枕元に。

子供の頃に乗った寝台列車を思い出しました。

カーテンを閉めれば、4人ひと部屋なのに

個室感があって、

子供が寝た後は私も一人時間を楽しめました。

 

・・・・

こちらのゲストハウスは新しく、

室内はもちろん、トイレやシャワーなどの

共用部分もきれいで、

快適に過ごすことができました。

 

さらに、ゲストハウスはもともと

バックパッカーなどが泊まるところ。

洗面所にはメイク落としや洗顔フォームなども

置いてあり、まさに手ぶらで泊まれます。

 

家族全員で、入浴と洗顔歯磨き時に

使えるよう、バスタオルを1枚借りました。

1枚100円。

家から持参すればタダですが、

タオルはかさばる上に、濡れたものを

持ち帰るのもいや…

レンタルが断然ラクです。

 

カフェバーが併設されていて、

朝食はそちらでいただきました。

 

江の島だし、宿泊客はサーファーや

外国人のバックパッカーが多いのかな…

と思っていたら、

我が家のようなファミリーも他にいました。

女性グループもいて、

みなさん気軽に利用しているようです。

 

チェックイン後は全く干渉されず、

気ままに過ごすことができました。

 

子供たちもとても楽しんでいたので、

また泊まってみたいと思います。

旅費を浮かせたい方、おすすめです。

 

・・・・

チェックアウト後は江の島に観光に行きました。

ゲストハウスからすぐ。

弁天橋を歩いて渡って。

 

f:id:usacomam:20191106005925j:plain

 

江の島には何度も来ているのですが、

けっこうな坂道で、

仲見世通りを歩いて、神社の鳥居の手前で

いつも引き返していました。

 

f:id:usacomam:20191106010108j:plain

(写真、奥を行ったあたり。観光客だらけ…)

 

たまにはその先まで行ってみようと。

なかなかの坂のようですが、

「エスカー」なる頂上行きエスカレーター

があったので、そちらでラクをすることに。

 

大人360円、子供180円。

このように、完全にただのエスカレーターです。

 

f:id:usacomam:20191106010137j:plain

 

頂上についてから、島の反対側に

岩場があると知り、行ってみることに。

 

これがまた、なかなか距離があって。

 

f:id:usacomam:20191106010230j:plain

 

行きは下りの階段で足ががくがくに。

帰りは上りの階段で汗をかきました^^;

頂上まで、エスカーに乗っておいてよかった…

 

開けた岩場に。

「稚児ノ淵」と言うそうです。

 

f:id:usacomam:20191106010303j:plain

(水平線が一望。絶景なり。頑張って歩いた甲斐あった!)

 

潮が引いていれば貝殻拾いが

できるかな~と娘と楽しみにしていたけれど、

あいにく満潮の時間。

 

でも、かわりに岩場の海水の中に

たくさんの魚がおり、観察することができました。

水が透明で、底まで見える。

 

f:id:usacomam:20191106010454j:plain

(雲が映って見えづらいですが、

写真の真ん中少し下あたりに、ブルーの魚と

黄色と黒の縞模様の魚がいるのわかりますか?)

 

水族館にいるような、

色や模様の鮮やかな魚も泳いでいました。

息子はふぐを見たらしい。

近くの新江ノ島水族館に寄ろうかと思っていましたが、

天然の水族館、十分だわ。

 

満潮時の激しい波に、

娘は大喜びしていました。

一人で近寄ろうとするから、

こちらはヒヤヒヤだが…^^;

 

f:id:usacomam:20191106011833j:plain

 

たっぷり磯遊びを楽しんで帰りました。

 

・・・・

旅行というと、車か新幹線、飛行機で

大移動が常でしたが、

電車で近場に行く小旅行というのも良いもの。

江ノ電も趣あったし。

 

f:id:usacomam:20191106010532j:plain


応援していただけると嬉しいです★
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村