働く母。両立メモ

40代書籍編集者・ワーママ歴11年。子供は小5男子・小2女子。両立生活や仕事、学校、ママ友関係など、日々の気づきを綴ります。FP2級、家計管理の工夫についても。


応援していただけると嬉しいです★
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村

【休校延長・緊急事態宣言】小2娘は学童1ヵ月休所申し出。夫婦在宅で乗り切ります

 

あらかじめ覚悟していたけれど、

GW明けまで休校延長が決まりました。

 

先月まではあくまで「臨時」として、

「なんとか1ヵ月乗り切れば…」という

気がまえだったが。

2ヵ月目となれば、もはや「臨時」ではない。

 

そもそもGW明けから常態に戻せるのか…

他国と同様、「夏休み明けまで休校」の可能性も

頭に入れておく必要がありそう。

 

長期戦を覚悟、ですね(*_*)

 

緊急事態宣言を受け、

小2娘の通う学童からは、

「お子様と家庭で過ごせる方は

利用を行わないでください」

とのメールが来ました…

 

元々今月に入り、学童には

ほとんど行っていませんでした。

新1年生が入り、

学童の人数がぐっと増えたこともあって。

 

娘は友達に会いたいから学童に行きたがるけど。

私が在宅のできる我が家は、せめて遠慮して、

過密化を少しでも防ぐべきかなと…

 

その心づもりでいたので、

今朝学童に電話し、GW明けまで

休所する旨を伝えました。

 

・・・・

私はいずれにしても今月中は

在宅で行く予定でしたが、

会社全体でも今週から在宅命令が出ました。

 

私の所属する編集部では、

女性陣は早いうちから在宅に切り替えて

いたけれど、

男性陣はほとんど毎日出社していた。

それがいよいよ部署全体の在宅原則になって。

 

同僚は家にPCがないということで、

でかいデスクトップを宅急便で家に送っていた^^;

ご苦労さまです…

 

営業部にも在宅命令が出てるのだけれど、

どうやって家で営業するのか…

書店さんに電話しようにも、

後ろで子どもたちの騒ぎ声が聞こえちゃうし^^;

なので、出社している人も多い。

それでも数人は在宅勤務をしているので、

社内の人数はだいぶ減っている。

 

私も時々、出社する予定です。

自転車通勤なので、交通機関利用しないし、

部署のフロアは誰もいないだろうから安全。

こういうとき、職住近接のメリットを実感します。

 

・・・・

夫の方は先週から、

9時~15時までの勤務形態になっていました。

早く帰ってこられるので、

夕食作りはすべて夫に任せています。

私は昼食のみの担当になり、だいぶ解放された…

(朝食作りもいつも夫なので)

 

こういうとき、家事のできる人と結婚したことに

あらためてありがたみを感じます。

 

 

 

息子いわく、

「お父さんが料理をする友達はいない」

「みんなお母さんが料理してる」

らしいので、

 

「あんたもお父さんみたいに料理のできる

男になって、奥さんを助けるんだよ」

 

と言い聞かせてます^^

 

そして、さらに来週からは、

夫の所属する営業部もいっせい在宅となるらしい。

いやだから、在宅でどうやって営業活動するんだって^^;

まあなんとか、メール等でやれることをやるそうです。

 

夫も多少は出社しなければならなさそうだから、

私と交替で、なんとかやりくりしていく感じですかね。

私はこれまでと比べて、助っ人が増える状態だから

楽になるけれど、

夫はいきなりの在宅で、どうやっていこうか

呆然としてる様子^^;

 

・・・・

さて、子供の方はというと…

意外に退屈していないのが驚き。

 

とくに小5の息子は超インドア派、

マイペースの単独行動好きなので、

家で好きなように過ごせるのは楽なよう。

 

休みになってから、

ゲームができる時間も増えてるし。

といっても、普段30分が

1時間になっただけだが…

 

 

 

…まあ極度のマザコンなので(苦笑)

私がそばにいるのが嬉しいようです^^;

 

娘は娘で、友達に会いたがっているものの、

こちらも家遊びが好きなので、

それなりに楽しく過ごしています。

喧嘩もするが、兄がいるので、

退屈はまぎれるのでしょう。

 

あとは勉強面かな…

学校からはまだ教科書も配られていないし、

オンライン学習の話も出ていません。

学校もかなり錯綜しているもよう。。

 

家庭主導で、自学自習の先取りを

進めていく必要があるかな、と思っています。

考えていかなければ。


応援していただけると嬉しいです★
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村