働く母。両立メモ

40代書籍編集者・ワーママ歴10年。子供は小5男子・小2女子。両立生活や仕事、学校、ママ友関係など、日々の気づきを綴ります。FP2級、家計管理の工夫についても。


応援していただけると嬉しいです★
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村

子育て世代、賃貸か購入か?〜「家賃より住宅ローンが有利」と考える理由

こんにちは。

 

このブログで、お金についても

書いてみたいと思っています。

 

私、いちおうファイナンシャルプランナー(FP2級)の

資格を持ってるんですね。

15年以上前、若いときに取りました。

 

今でこそ、教育子育てやライフスタイルなどの

書籍を作っていますが、

私の勤める会社は元々お堅い本を出版していて、

税金やら相続やら不動産やら会計やら、

お金まわりの本をたくさん担当させられました。

 

マネー系の知識がイヤでも身についたので、

せっかくだからFPでも受けようと。

 

ということで、お金関係について

考えるのは、ずっと好きです。

あれこれ家計の算段をする時間が至福^^;

 

 

・・・・

さて。

 

家を買うべきかどうか…

今は、不動産の資産価値が低く、

「家は買うべきではない。賃貸がいい」

とも言われますよね。

 

たしかに、都心の一等地ならいざしらず、

私の暮らす地域では、

「買ったときより値上がりする」という

ことはまずありません。

 

それでも私は、マンションを購入しました。

最初に買ったのは、結婚間もない25歳のとき。

このときはまだFPも取得しておらず、

お金に関して無知でした。

 

それから10年たち、

同じマンション内で買い替えたのが、

今の部屋です。

 

子供が生まれ、手狭になったからですが、

近くにマンションは多く、

賃貸に移るという選択肢もありました。

でも、不動産購入のマイナス点も

理解したうえで、買うことにしたのは、

「住宅ローンの利点」を実感していたから。

 

 f:id:usacomam:20190427104544j:plain

 

賃貸に住んだときの家賃(プラス更新料)と、

住宅を購入したときの費用

(住宅ローン、管理費、固定資産税等)の

総額を比べた場合、

結局あまり変わらないようになっています。

世の中の「値付け」って、本当によくできてる…

 

支払う金額が変わらないなら、

「支払いの自由度」の高い住宅ローンを選ぼう、と。

 

 

・・・・

住宅ローンには「繰り上げ返済」という

制度があります。

毎月の返済とは別に、100万円など

まとまった額を支払い、元金を減らせる方法です。

 

この繰り上げ返済、

私は素晴らしい仕組みだと思っていて。

 

繰り上げ返済というと、「期間短縮」型が基本です。

繰り上げる金額次第で、たとえば35年の

返済期間を、30年や25年などと短縮できます。

 

30歳でローンを組み、65歳まで

支払う予定だったのが、

60歳や55歳までにできるということです。

 

これはつまり、「時間を買う」ということ。

賃貸の家賃にはこうした自由さはありませんよね。

 

子供の教育費負担が重くなるとき、

高校生になる頃にローンが完済できていたら、

これほどラクなことはありません。

 

 

ただ、そこまで期間を短縮するには、

相当の額を繰り上げ返済しないといけない。

私の試算だと、上の子が15歳になるときに

完済するには、2000万円が必要…

さすがに無理です^^;

 

そこで、もうひとつの繰り上げ返済方法が、

「返済額軽減」型。

たとえば10万円の毎月返済額を、

8万円や5万円などと減らすことができます。

 

 

返済額軽減型は期間短縮型と比べ、

利息軽減効果が低いため、

あまり勧められていないのですが、

私はいざとなったら、この方法を使いたいと

思っています。

 

たぶんないと思いますが、

もし子供2人が中学受験をして

私立校に行った場合、

私の試算だと4年間、毎月12万円

学費がかかることに…(*_*)

 

住宅ローンを今と同じ額支払いながら、

さらにこの額を上乗せなんて、

破産です…

 

・・・・

家賃というのは毎月決まった額を

永続的に支払うものであり、

「お金が貯まったから、20年分先に

支払わせてください」

というわけにはいきません。

 

仮に20年分先払いできたしても、

20年後にはまた支払いがスタートします。

 

その点、住宅ローンなら、

20年分先払いするかは自由。

そして、先払いして完済したら、

あとは毎月の住宅費ゼロでずっと住み続けることが

できるのです(管理費や固定資産税は別)。

 

 

もちろん、将来的に家計が大変になっても

大丈夫なように、十分貯金をしておけば、

賃貸だろうが困らないということもあります。

 

ただ、具体的な目標がないと、

なかなか貯金ってできないものですよね^^;

自分が買った住まいだからこそ、

早く完済したいと思うからこそ、

繰り上げ返済のための貯金を頑張れるわけで。

 

さらに言えば、そのために

頑張って共働きできるとも言える^^;

 

子どもたちが成人し、独立したら、

夫と2人の生活に合った家に住み替えるつもりです。

そのときも、やっぱり購入を

選ぶだろうと思います。


応援していただけると嬉しいです★
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村