働く母。両立メモ

40代書籍編集者・ワーママ歴10年。子供は小5男子・小2女子。両立生活や仕事、学校、ママ友関係など、日々の気づきを綴ります。FP2級、家計管理の工夫についても。


応援していただけると嬉しいです★
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村

老人ホームから週3日、都心に出勤する83歳義伯母~野口悠紀雄氏『「超」現役論』を地で行く生き方

近頃、「働き方」がらみの本が

多く出ています。

大きな関心テーマなので、

ちょいちょい読んでいますが、

先日読んだのがこちらの本。

 

年金崩壊後を生き抜く「超」現役論 (NHK出版新書)

 

『「超」整理法』の野口悠紀雄氏。

御年79歳の野口氏が、

年金にはもう頼れないから、

高齢になっても働き続けようと語る内容。

 

そのなかに、

 

「要介護になっても仕事を続けられる」

というのが

「人生100年計画」の本来の姿

 

という記述がありました。

 

あ、これは新しい…

介護サービスを利用している=もう働けないご老人

と、勝手に決めつけていたけれど。

要介護度には段階があるし、

足は少し不自由だけど、頭は全然元気、

という方もたくさんいる。

 

介護サービスを利用しつつも、

働けるうちは働き続ける。

まさに「超」現役。

 

そこで思い出したのは、夫の伯母。

まさしくこれを地で行っていて。

 

・・・・

夫の伯母、夫の亡父の姉であるYおばさんは83歳。

生涯独身の職業婦人、ひとり暮らし。

小さな設計事務所で、立ち上げから

社長と二人三脚で働いており、

経理担当の役員として勤め続けて。

 

「仕事が生きがい」「仕事しかすることがない」

と言って憚らない。

「セブンイレブンが私の台所」と言って、

食事は作らずいつもコンビニ食^^;

とにかく豪快なお方で。

 

このYおばさん、いつまで経っても

会社をやめない。

正月に会うたびに、

「年金もらいながら、会社に損のない

金額分、働くようにしてるのよ」

とおっしゃる。

経理だからそのあたりの計算はお手の物。

 

数年前に会ったときは、

「まだ週5日、通ってるのよ。

好きな時間に行って、好きな時間に帰るんだけど」

「経理は若い子がやってくれてるから、

私がいなくてもちゃんと回ってる。

あ、若いと言っても50代だけどね、わはは」

と、相変わらず豪快^^;

おばさん大好きだわ…

 

しかしその後、血管が詰まって

心筋梗塞一歩手前の大病をしたり、

やはり年齢のために体のあちこちに不調が出て、

正月の集まりに参加が難しくなった。

 

・・・・

「Yおばさん、どうしてるかな」

と思っていたところ。

年明け、夫の携帯におばさんから

電話がかかってきた。

 

年賀状の返事が出せなかったことの

お詫びの電話だったのだけど。

なんでも右手の中指をぶつけるかして

骨折し、字が書けない状態だったらしく。

 

そして、

「ひとり暮らしをやめて、

昨年から近くの老人ホームに入居したのよ」

「そこから週3日、まだ会社に通ってるのよね」

 

なんと…

いつの間にかホームに入っていたのも

驚きだったけれど、

まだ仕事を続けているのに脱帽しました…

 

おばさんの住む地域から都心の会社まで、

通勤に1時間以上かかるのに。

もはや執念。

 

たくさんの病気を抱えて、

もちろん要介護になっている。

それでも仕事を続けている。

まさしく時代の最先端!

 

Yおばさん、以前

「通勤電車の中で死ねたら本望」

と言っていたから^^;

ホントに死ぬまで働き続けそう…


応援していただけると嬉しいです★
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村