働く母。両立メモ

40代書籍編集者・ワーママ歴10年。子供は小5男子・小2女子。両立生活や仕事、学校、ママ友関係など、日々の気づきを綴ります。FP2級、家計管理の工夫についても。


応援していただけると嬉しいです★
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村

【10万円給付の使い途】兄に続き、小2娘も歯列矯正開始。「良い歯並び」は未来の子供への価値ある贈り物

昨日は母の日でした。

 

数日前から、小2の娘が

何やら計画していたのはわかっていた^^

「ちょっとパパとすることあるから、

お昼食べたら外に出てってね!」と

午後は家から追い出されて。

息子と遠くまで歩いてきました。

 

夕方遅くに帰宅してみると、

こんな飾りがお出迎え。

 

f:id:usacomam:20200510234919j:plain

 

クラッカーも鳴らされて。

あれ、今日は誕生日?^^;

 

娘からプレゼントをもらいました。

 

f:id:usacomam:20200510234946j:plain

 

手作りの花束と手紙。

(本物の花は猫にいたずらされるので、

わが家ではNG)

母、うれしいです^^

 

それにしても、さすが女子ですね。

息子は母の日などに全く関心なし^^;

というか、だいたいのイベントに

ほとんど興味がない。

女子はバレンタインも友チョコの

あげ合いで盛り上がってるし、

イベントが大好きですね。

 

・・・・

さて、話は変わって。

 

小5の息子は1年前から

歯列矯正をしているのですが。

 

 

このたび、娘の方も始めることに

なりました。

 

普段通っている歯科で、

前々から歯並びについて指摘されて

いたのでした。

歯間の狭さや歯の生え方が兄とそっくりで、

「これはあかんな~」と私も思っていた。

 

矯正は決定事項で、

あとは「いつ始めるか」でした。

2年生になり、娘本人も

「歯がナナメに生えてきてて、気になる」

「早く矯正始めたい」

と言い出した。

 

兄がやっているのを見て、

イメージもつかめているのでしょう。

 

私も同じクリニックで矯正をしており、

3人で通うのも大変なので、

私が終わってから…と思っていたけれど。

 

 

実はまだ、私の矯正は続いています。

ずいぶんきれいになったのだけど、

続けていると欲が出る^^;

どうせなら完璧に…と、

まだまだ数ヶ月はかかりそうな気配。

 

小児矯正は早ければ早いほどいいので、

待っているのはもったいない。

始めてしまうことにしました。

 

先の土曜が相談予約の日でした。

(ちなみに、予約は外出自粛前に入れたもの。

その日は息子の治療日でもあり、

どのみち通院するので、あえてズラさず)

 

撮ってもらったレントゲン写真を見ると…

あちゃ~、上顎はスペースが全然なくて、

永久歯が出てこれず歯茎の中で止まってる(*_*)

「これはスペースを広げないとね~」と院長。

ですよねぇ。。

 

今回はまだ相談のつもりだったが、

ハッキリ状態がわかったからには、

善は急げ。

その場で申込みをしました。

 

・・・・

小児矯正。

こちらのクリニックは良心的な

値段設定ですが、それでも30万円する。

決して安い買い物ではありません。

 

私も息子のとき、非常に躊躇した。

4~5歳の頃から、矯正の必要性を

指摘され続けていたのに、

「こんなに早くからする必要ないでしょう」

と流していた。

 

けれども、「矯正は早ければ早いほどいい」

ということを、小3の終わりから始めた息子と

自分自身の矯正経験から、

痛烈に感じている。

 

息子は矯正を始めて、たった1ヶ月で

きつきつだった前歯に隙間ができた。

先生の矯正器具を調整する腕が良く、

また息子ががんばって1日中装着している

ということもあるけれど。

 

 

やっぱり子供の体は柔軟。

こんなに早く動いてしまうのだなあ…と。

そして、もっと早く始めてあげていれば、

ナナメに生えてしまった歯も

最初から真っ直ぐに生えることができたのに…と。

 

そう、一度生えてしまった歯の並びを

変えるのは容易ではない。

だから大人の歯列矯正は大変なのです。

もう顎を広げることはできないから、

いずれかの歯を抜いて隙間を作るしかない

ことが多い。

 

治療が終わっても、戻りがないように、

半永久的にリテーナーをつける必要がある。

 

「矯正なんて、大人になって

自分がしたくなったら、すればいいでしょ」

 

と思っていた私。浅はかだった…

いや、遅ればせだけど、

なんとか間に合ってよかった。

息子の矯正の方は順調に進んでいます。

 

・・・・

矯正は子供のうちにしておくのが一番。

そして、それをやってあげられるのは

親しかいない。

 

歯列矯正は親が子供の将来のために

してあげられる、とても大きな贈り物だと

思っています。

たしかにお金がかかるが、

かけるだけの価値があるもの。

 

とはいえ、コロナ禍で

夏のボーナスカットも確実。

 

 

この時期に痛い出費だなあ…と

思っていたところ。

幸い、と言っていいのか、ですが

10万円の給付金がもらえることに。

 

これをありがたく充てさせて

もらおうと思います。

 

家族4人で40万円。

矯正料は検査や消費税も込みで

35万円超になる。ちょうど良い。

貯金せず、しっかり消費に回すし、

給付金の目的も果たせているでしょう。

 

私と夫、娘本人の分はいいとして、

息子の分が使い込みになってる?

まあ自分も矯正やってるんだし、

ここは妹に出資しようよ。

残りの5万円は家族で美味しいものでも

食べに行こう^^


応援していただけると嬉しいです★
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村