働く母。両立メモ

40代書籍編集者・ワーママ歴13年。子供は中2男子・小5女子。両立生活や仕事、学校、ママ友関係、親の介護など、日々の気づきを綴ります。FP2級、家計管理の工夫についても。


応援していただけると嬉しいです★
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村

【アラフィフ運動習慣】週1ジム通いもすっかり定着。マラソン大会が大嫌いだった私が、ランニングに目覚める

最後に更新した真夏から、季節は冬になってしまいました…。
この数ヵ月、息つく暇がないくらい忙しくて。というのも、例の精神保健福祉士の実習が12月に入ることになり。

医療機関でみっちり2週間、朝から夕方まで実習生として働きます。
当然、その間は仕事を休まざるを得ない。会社には早くから許可をもらっていますが、この休職期間に入る前に、仕上げないといけない本が3冊…。

それだけでも忙しいのですが、その間に学校のレポートを2週間に1本ペースで仕上げないといけない。9月には5日間のスクーリングもありました。

なんとか気合ですべてを終わらせ、ようやく今一息ついたところです。とはいえ、あと10日もすれば実習本番がやってくる…が、がんばろう。


・・・・
その忙しい中も、筋トレは続けていました。
8月に初めて行ったジム。

すっかりマシンでの筋トレが気に入り、あれから週1ペースで通っています。
体のいろんな部位をピンポイントで鍛えられるのがいい。

ジムに行くのは休日。平日に家で筋トレする日を1日入れ、週2回の筋トレが習慣となりました。

マシンを使うようになり、自重の筋トレの良さにも気づいて。
スクワットは下半身全体の筋肉を一度に鍛えられる。さらに、バランスを保つために腹筋に負荷がかかり、体幹も鍛えられる。

マシンはお腹ならお腹、太ももなら太ももと「部分」を鍛えるものなので、わりと効率が悪くて。
また、座ってトレーニングするものも多く、「運動=体を動かす」という点では、自重トレーニングの方が効果的のように思います。

ただ、自重だと、各筋肉への集中的なアプローチは難しいのが事実。自重とマシンの組み合わせが、現状ちょうどいいなと思っています。


・・・・
家での筋トレを充実させるために、新しいグッズを買いました。

トレーニングマットとダンベル。
マットはヨガマットより分厚いもの。Amazonで評価の高いものを買いました。
なんか夫も同じものを持ってた^^;

今まで畳の上で筋トレをしていたのだけど、足が滑ったり、腕をつくと痛くなったりするのです。それが解消されました。
ただこのマット、ゴム製なので夏は暑いのが難点^^;

ダンベルは各2kg。平たくて、部屋に置いても邪魔にならない形が気に入っています。

上半身の筋トレをしっかりやりたいと思ったのと、下半身の筋トレの負荷アップに。最後の仕上げに、ダンベルを持ってスクワットとランジを10回ずつ。足がプルプルになります。


・・・・
そして、さらに新しく加わった運動メニューが。それはランニング。

ジムでは必ずランニングマシンで走るようにしています。
当初はゆっくりペースで、15分くらい走るのがせいぜいだったのだけど、毎週続けているうちに、だんだん速度も上がり、時間も伸びて。3kmは走れるようになりました。

ランニング…なんか楽しいんです。いや、楽しいというか気持ちいい。
走り始めはちょっとつらいのだけど、10分もすると何かが脳内で出てくる。ドーパミン?セロトニン?エンドルフィン?
いずれにしても、なんとも言えない心地よさ。「もっと走りたい」という気持ちになる。

まさかこの私が、「走りたい」と思うなんて。
子供の頃から足が遅くて、マラソン大会ではビリから数えた方が早い順位。走る練習も苦痛で仕方なかった。息が苦しいし、足が疲れるし。

でも、今ならわかる。走り方をちゃんとわかっていなかった。
ペース配分ができておらず、最初に飛ばして後が続かなくなっていた。
フォームも間違っていただろう。

何より、順位が出ること、人と競わなければならないことが、運動音痴の自分にはきつかった。

本当に、学校の体育は運動嫌いの子をますます運動嫌いにさせますね。
大人になって、というか中年のこの年になって、ようやく運動と仲直りできた。

今は人と競争する必要なんてないから、自分のペースでやればいい。
自分が苦しくないペースを守って走る。だからつらくないし、長く走れる。


・・・・
マシンでのランニングは楽です。平坦な足場で、一定のペースを保って走れる。室内は涼しくて快適だし、信号で止まることもない。
これで十分だと思っていた…のだけれど、やっぱり物足りなくなってきたのです。

というより、マシンでのランニングは飽きる、と言った方がよいかも。
ただひたすら、同じ場所で足を動かしているわけで、風景は変わらない。
音楽を聴いたりして退屈を紛らわしていますが、30分が長く感じるのは否めない。

快適な状況であること自体、退屈とも言える。平らな面を走り続けるのは、刺激がないのです。
やっぱり外で走りたいな…だんだんそう思うように。暑い時期も過ぎたし、外ランニングの始め時として、ちょうどいいのでは。

それで今、週1回ペースで外ランをしています。

最初、普段のスニーカーで走ったのだけど、これはダメだとすぐに思った。足に負担がかかり、すぐに疲れてしまうのです。

クッション性の高い、ランニングシューズを買いました。

これを履いて、いざロードへ。
あれ、外でも3km全然楽に走れる!
やっぱり靴は大事。軽さがまったく違います。足が疲れることもない。


・・・・
外ラン、気持ちいいです。
走るのは家の近くの川沿い。今の季節は桜の木が紅葉しており、それを眺めるのを楽しみながら。外の空気を感じられるのもいい。

川沿いの道はほとんど信号がなく、車も来ないので、ランニングには最適です。実際に、ランナーの人と多くすれ違います。

外の道には時々アップダウンがあり、それもまた刺激になる。
なんといっても、コースは無限だから、その日の気分で好きなところを走れる。

今はまだ家の近くを走っていますが、やがてそれに飽きてきたら、他の場所で走るのもいいかも。
たとえば少し遠くの駅に電車で行って、ランニングした後、また電車で帰ってくるとか。

もともと、色々な場所に行ってウォーキングするのはよくやっていたけれど、ランニングはまた違った楽しみがありそう。

人間は走るようにできている、と言うし。いや、動物はそもそもみな走るようにできている。走って移動し、走って敵から逃げ、走って獲物を追いかける。便利な暮らしの中で、人間が走ることを忘れてしまっただけで。

走ろうと思うのは、きっと本能なんでしょう。50歳も近くなって、ようやく本能が発動したようだ^^;


応援していただけると嬉しいです★
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村