働く母。両立メモ

40代書籍編集者・ワーママ歴11年。子供は小5男子・小2女子。両立生活や仕事、学校、ママ友関係など、日々の気づきを綴ります。FP2級、家計管理の工夫についても。


応援していただけると嬉しいです★
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村

高校生男子、黙って母の膝の上に座る!?~小4息子はいつまでマザコンのままなのか…

突然ですが、うちの小4息子は

超マザコンです^^;

 

まあたいていの男子がマザコンでは

ないかと思います。

いつもはクールに振る舞っている子が、

お母さんと一緒にいるときは、

「ママ~」とベタベタ甘えているところを

よく目撃する^^;

 

 

外ではかっこつけてるが、家ではベタベタ

小4ともなると、さすがに人目が気になり、

外では私にくっついてきたりしません。

低学年の頃は、いつでもどこでも

私の手をつなごうとしていたのですが。

 

3年生からは、人がいないときだけ

こっそりつないできて。

4年生からはついに、私がからかって

手をつなごうとすると、振り払うように(笑)

 

外ではそんな感じなので、

周囲からは「ママ大好きっ子」とは

認識されていない。

 

先日、娘の保育園時代のママ友たちと

集まったとき、

「男子はいつまでママ大好きなのか」

という話題が出ました。

 

「うちの子はいまだに超マザコンだよ」

と言うと、

「えー!そうは見えない!」

と驚かれた^^;

たしかに、ママたちと一緒にいるときは、

私に対してえらそーに振る舞ってるもんなあ…

 

「おマミー、ぎゅーして」

「あの子、私のこと

何て呼んでるか知ってる?

“おマミー”だよ」

 

おマミー!

爆笑の渦(笑)

(「超かわいい!」との声も頂戴しました)

 

最初は娘が、「マミー」に「お母さん」

の「お」をくっつけて呼び始めたのですが。

それを息子が真似し、やがて娘は使わなくなり、

しかし息子はずっと使っているのでした^^;

 

もちろん、外ではかっこつけて、

「うちのお母さんが…」と言ってるようですが。

 

人目のない家の中では、いきなり

「おマミー、ぎゅーして」。

数時間おきに言いにくる^^;

 

朝、なかなか起きてこず「起きなさい!」

と言っても、

「ぎゅーしてくれないと起きないよ」。

靴をはいて、いざ出かけようというときも、

「あ、ぎゅーするの忘れてた!」

と、もはや儀式のように。

 

145cmのでかい体に超違和感…

夜、寝室に布団を3つ敷き、

右に私、真ん中に夫と娘、左に息子なのですが。

電気を消したら、まず私のところに

ごそごそやってきて、ぎゅーしてから

また自分の布団に戻る、がお約束。

 

…こう文字にすると、なにやらキュートな

感じですが、もうすぐ10歳。

おまけに身長145センチあるので、

このサイズの男の子とぎゅーするのは、

なんとも違和感^^;

 

娘に本を読んでいる時も、

いつの間にか隣に寄ってきて、

体をベタベタくっつけてくる息子。

もはやそれは恋人のように…

 

かわいくもあるが、せいぜいあと数年

まあ、うっとしく感じることが多いものの、

かわいくはあるのです^^;

男の子のお母さんはみんなきっとそうですよね?

 

それに、どうせ中学生ともなれば、

あっという間に男の子は離れていく。

「今のうちだよ」と夫からも言われています。

 

あと数年…寂しくもありますが、

しかしいつまでもママ大好きっ子で

いられたら困る。

ここはグッとこらえて子離れを…

 

高校生の男子がお母さんの膝の上に⁉

…しかし、男子の親離れも、

そうそうバシッとはいかないようで。

先の集まりのとき、あるママがこんな話を。

 

「この間、高校生の男の子がいる

友達に会ったんだけど。

彼女がソファに座ってテレビを見ていると、

息子くんがすーっと寄ってきて、

黙って彼女の膝の上に座るんだってさ。

まるでソファに座るかのように、前を向いて」

 

えっ、何そのシチュエーション!?

息子くんはお母さんに甘えてるわけ?

 

「うん、そうだと思うんだけど、

息子くんはひと言もしゃべらないんだって。

ただじっと座ってるだけで」

 

「で、友達の方も、

何か言ったり、触れたりしたら

息子くんが行ってしまうと思って、

黙って体を硬直させてるんだって(笑)

その状況で、二人とも前を向いてテレビ見てる」

 

「それで、しばらくすると、息子くんは

何事もなかったように立ち上がって

部屋を出ていくらしいよ。

そういうのが定期的にあるんだって」

 

決して他人事ではない…

高校生になって、それはまずいな~!

という声が飛び交いましたが、

私は決して他人事とは思えなかった…

示唆に富んだ話でした^^;

 

息子くんも、親離れしようとしてるけど、

まだお母さんに甘えたい気持ちがある。

お母さんの方も、戸惑いながら、

ちょっぴり嬉しくもあり。複雑な胸中…

 

そんな母子の微妙な関係性が、

なんとも切ない。目に浮かぶ!

 

だって高校生って、つい4年前までは

小学生だったんですよ。

体はどんどん成長しても、

そう簡単には心はついていけない。

 

この話を聞いて切なくなった私は、

きっと子離れに苦戦するだろうと予感しました^^;

 

f:id:usacomam:20190612232944j:plain

(「ぎゅーして」の彼です)

 

★男子あるある、こんな記事もあります。

 

www.hatarakuhahamica.com

www.hatarakuhahamica.com

www.hatarakuhahamica.com


応援していただけると嬉しいです★
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村